岡田佳子医院が選ばれる理由|女性に優しい整形外科

婦人

自分の脂肪をバストに

胸

痩身も同時に

豊胸する施術方法はいろいろな種類がありますが、人気があるのは注入法です。メスを使わず注射で行える方法なので、感染症のリスクもなく、傷跡も残らない、ダウンタイムも短いということなどがメリットとなっているからです。人気施術の中に、脂肪注入法という豊胸方法があります。自分の気になる部分の脂肪を採取して、その脂肪をバストアップに使用するというものです。例えば、お尻や太もも、ウエストなどの脂肪を吸引しますが、気になる部位の痩身も可能になり、同時に豊胸も叶うという一石二鳥の施術です。脂肪注入法もいくつか種類がありますが、幹細胞注入法なら痩せた人でも施術が可能で、バストへの生着率も高いということで人気があります。

脂肪注入法の特徴

脂肪注入法で行う豊胸の特徴は、自分の脂肪を注入するので、アレルギー反応や後遺症が他の施術方法よりも少ないところです。また、注入した脂肪はレントゲンに異物として映りません。中でも幹細胞脂肪注入法は、幹細胞をと脂肪を吸引して注入することから、従来の注入法に比べて脂肪定着率が高く、持続期間が長いという特徴があります。さらに定着率が高いとされているコンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪からすべての不純物を取り除いた上で、バストに注入する方法です。不純物がなくなることで、定着率が高くなり、しこりや壊死が起こりにくいという特徴があります。アレルギー反応や後遺症の心配も少ないです。その他にもさまざまな注入法があります。それぞれに特徴があるので、よく熟知してから施術を決めることがおすすめです。